美味しいお米の条件

私たちの土地は昔から美味しいお米が獲れます。
それには理由があります!!

雪解け水の恵み

北には、滋賀県最高峰の伊吹山がそびえ、山々には冬になると雪がたくさん積もります。
この雪が、春になると溶け、地中のミネラルを多く含んだ地下水となります。田んぼに水が必要となる4月から8月は、豊富にしみ込んだ雪解け水が田畑を潤し、お米や野菜を美味しく育ててくれます。

私たちの地区では、この地下水をポンプアップして水田の用水として利用しています。地下水は、多くのミネラル分を含むのはもちろん、直接流れてくる雪解け水より水温が高いため、田植えをしたばかりの苗を成長させるには適温となります。
さらに、山間に近いこともあり、ほとんど生活排水などが入らないことも安全で美味しいお米がとれる理由の一つです。

また、この地域の川には蛍が多く生息し、田んぼの近くの水路には絶滅の危機にあるメダカが元気に泳いでいます。周辺に生息する動植物を見ても、水の清らかさや安全性が十分わかります。


fukei2.gif

米づくりに適した土壌

高い山々から流れ出る川は、ミネラルを多く含んだ豊かな水と同時に肥えた土も運んでくるため、下流となるこの地域は、昔から米作りに最適な盆地となりました。

また、田んぼの周りは四方が山で囲まれているため、晩秋になると山からの落ち葉が田んぼを覆います。その上に雪が積もるため、雪の下では微生物や虫たちが落ち葉を食べて分解することで、最良の肥料を作ってくれます。


fukei3.gif

寒暖のある気候

美味しい米作りにおいて、水・土と同じくらい重要なのは気候です。
稲は、春から夏にかけて、適度の雨とたくさんの日差しを浴びて育つわけですが、より美味しい米に育つには昼と夜の気温差が大切です。この気温差は大きいほど甘くて美味しいお米が獲れると言われています。

魚沼産コシヒカリが美味しいのも、この気温差があるからだそうです。

私たちの土地も、四方が山に囲まれた盆地であるため、昼と夜の気温差が大きいため美味しいお米が獲れます。
この地域は盆地であるため、夏は稲作に適した高温の日が多いこと、冷害や台風などの災害が少ないことも米作りに適した気候と言えます。
また、美味しいお米のとれる地域は、必ず沢山の雪が積もります(日本海側の豪雪地帯ほどお米が美味しい)。この条件にもぴったり当てはまります。
冬場に雪が多いのは、生活するには苦労するのですけどね。


fukei1.gif